忍者ブログ

QZ会

Home > ブログ > 教材 > 基本資料集

基本資料集

『楽曲の取り込み方』ほかQZ会の基本教材のセットです。

基本セット  ※CDは付属しません
『基本資料集』 B5版 / 32ページ / ネット販売はPDF版のみ
  
  
  
QZ会『基本資料集』
 
   PDF版:500円
     
〔ご購入は商品の購入ページへどうぞ。〕
 
 

「もくじ」より
 
   段階ごとの学び

      …各段階ごとの取り組むべき課題と練習楽曲

   楽曲の取り込み方

      民族音楽のアプローチ/曲の取り込みの手順/楽譜について/ 
      イメージをかたちにする/メロディ解析術/
      階名による音の把握/楽譜で答え合わせ
    
   課題曲解説

      …課題21曲の解説はじめキーやリズム、用いられる技術、
       演奏バージョン、参考とする動画サイトなど

   伝承曲『青い瞳』『こだま』簡易楽譜
  
  ※課題曲収録のCDは、QZ塾参加の方のみ無料で差し上げます。
   販売および郵送はいたしません。



民族音楽のアプローチ  曲の取り込みの手順  メロディ解析術
内容サンプルです。クリックで拡大します。
  
  
  
ケーナの段階表  青い瞳&こだま    
付属の『ケーナの段階表』と簡易楽譜です。



以下本文より。
 
  
〈イメージをかたちにする〉

  

曲をしっかり耳で聴いて取り込めば、よく噛んで咀嚼した食べ物のように、自身の血肉のようになります。まるで何度も観た映画のように、大好きなセリフやシーンを頭の中でいつでも再現できます。

もちろんそれを可能にする演奏技術、出力面も大事ですが、基本はまず受け身からというように、ここでは入力面をより重要視して、イメージを通して、息を音に、曲に変えていくやり方をとります

クラシック音楽などは、この部分の多くを作曲家や指揮者が担いますが、その役割も奏者一人ひとりに委ねられる民族音楽では、自分自身がしっかりと羅針盤を持っておかなくてはなりません

むしろ、イメージし奏でることにもっとも大きなエネルギーを注ぐべきです。楽譜の読解に気をとられ、音程やリズムの調整に四苦八苦し、人前での緊張でストレスを生じさせ、余計なところにエネルギーを費やすほどに、心を込めた血の通う演奏はかないにくくなっていきます 

音楽は目に見えないものですが、なるべくそれを見えないままに、頭や心の中に音の地図や設計図を描きながら、納得できるまで探求し、理解することが大事です。

もちろんわからなければ、正確な楽譜や誰かにアドバイスを求めてよいのですが、気持ちのどこかで答え(楽譜)に頼るほど、自身の学び取ろうとする能力は発動できなくなります
 
その曲を習得し奏でられるのは、自分の身体に取り込めるのは、他の誰でもない、世界に自分ひとりだけ。何にも頼らずやるしかない。そのように自覚すれば道を切り開く力もきっと備わってきます
 

必要な事柄を理解し、自らの意志で行動できる一人ひとりが集って初めて、本当の意味での民族音楽のグループ演奏も可能となります。

曲を取り込みイメージする力と、それをしっかり表現する力を磨いて、自立したソロプレーヤーとなれるよう励んでいきましょう


  

〈階名による音の把握〉  


歌を覚えるとき、基本的にまずその曲をよく聴き、歌詞を口ずさみながらメロディに合わせて歌っていくと思います。そんなに難しくないふつうの曲であれば歌詞を見る程度で、楽譜を用いずとも旋律を取り込み表現することができていますよね。

   楽器で曲を演奏するときも、その“歌う”作業を行えばよいわけです。

しかし楽器は歌と違って、意志と口(のど)だけでなく、手指も使って音階を表現し奏でなくてはならず、そう簡単にはいきません。究極的には、聴いた音高やイメージした音に即座に反応し、楽器を手足のように思い通りに操る…ようになっていくものでしょうが、すぐには無理なお話。

そこで、まずは手指に音階を覚えてもらいましょう。ある音階の信号がきたときにパッと反応できるようになること。こちらは音階練習に励んでいただくとして…。

表現していくことの前に、自分自身が音階をしっかり把握し、正しい信号を送ってあげられるようになることが大事。そのための手がかりを記していきたいと思います。

〈以下略〉


 

〈楽譜で答え合わせ〉


さてここまで、見えない音をそのままに取り込んで表現することに努めてきたけれど、細かいところなど十分にわからない部分も多いし、果たしてこれで正しいのかどうか、やはり何か頼れるものがないと自信がなくて不安…。

そういうときは、ぜひ楽譜をご活用ください

しかし、ここで答えばかり見てしまうようになっては何も伸びません。あくまでも答え合わせと確認のために。

ここまで自分で答えを探し出そうとした努力は、見えないけれど確実に力となりました。以前よりもラクに楽しく、道を見出し進むことができていることでしょう。これからもこの過程を基本に大事にして歩んでいってください。

 

 

 

 

 

 

 

PR

PAGE TOP